新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

まさに時限爆弾 80年前に沈没のナチス船が未だに爆薬を海中に拡散

© 写真 : VLIZナチスのトロール船「V-1302ジョン・マン号」の残骸
ナチスのトロール船「V-1302ジョン・マン号」の残骸 - Sputnik 日本, 1920, 20.10.2022
ベルギーのゲント大学の科学者らが第2次大戦中に沈没した戦艦が80年近くを経た今も海洋を汚染し続けているという研究報告をFrontiers in Marine Science誌に明らかにした。
研究者らが1942年に北海のベルギー沖で沈没したナチスのトロール船「V-1302ジョン・マン号」の残骸を調査した結果、船からは80年もの間、爆薬の有毒な物質が漏れ続け、海底の微生物相や地球化学に悪影響を与えていることが判明した。
ベルギーの研究者らが船体の鋼鉄と周囲の海底から採取したサンプルを分析したところ、ヒ素、爆発物質、ニッケルや銅などの重金属、多環芳香族炭化水素(PAH)の痕跡が検出された。
バルト海で水揚げされた魚 - Sputnik 日本, 1920, 02.10.2022
海洋生物が壊滅か ノルドストリームのガス漏れ、環境への影響
最も高い濃度が検出されたのは船の近くで、サンプルではRhodobacteraceaeとChromatiaceaeという微生物が多環芳香族炭化水素(PAH)を分解していることが明らかになった。船体では、硫酸還元微生物が金属を分解しているのが確認された。
しかも科学者らによれば、北海だけでも同じような状態の沈没船が何千隻もあり、海洋生物相、海洋植物相への悪影響は累積すると膨大な量になる恐れがある。
関連記事
「環境大惨事」仏政治家、イギリス海峡の汚染について英国を非難
イーロン・マスク氏のファルコン9ロケットによる環境への被害のおそれ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала