米陸軍の「叫ぶ鷲」がルーマニアに展開、ウクライナへの進軍用意整う=米CBS

© Sputnik / stringer / メディアバンクへ移行米陸軍の「叫ぶ鷲」がルーマニアに展開、ウクライナへの進軍用意整う=米CBS
米陸軍の「叫ぶ鷲」がルーマニアに展開、ウクライナへの進軍用意整う=米CBS - Sputnik 日本, 1920, 22.10.2022
「叫ぶ鷲(スクリーミングイーグルス)」の異名で知られる米陸軍の第101空挺師団がウクライナと国境を接するルーマニアに展開し、軍事演習に参加した。米国政府はウクライナ領で米軍が活動することはないとしていたものの、同部隊の司令官はいつでもウクライナに進軍する用意があるとメディアへの取材に応じた中で答えた。米CBSニュースが報じた。
「叫ぶ鷲」が欧州に展開されるのは過去80年間で初めて。第101空挺師団はロシアとNATOの緊張悪化を受けて現地に派遣された。
「叫ぶ鷲」の司令官はCBSニュースの取材に対し、「明日の夜にでも戦闘に加わる用意がある」と表明した。仮にNATOとの軍事的衝突、あるいはNATOへの攻撃が仕掛けられた場合、「叫ぶ鷲」はウクライナ領に進軍する用意があると司令官は発言した。
米連邦議会、2023年1月までに500億ドルのウクライナ支援法案採択を目指す=米NBC - Sputnik 日本, 1920, 21.10.2022
米連邦議会、2023年1月までに500億ドルのウクライナ支援法案採択を目指す=米NBC
報道によると、第101空挺師団の規模は4700人で、ルーマニア領に展開した。
先に米国のジュリアン・スミスNATO大使はウクライナにおける紛争でNATOが直接戦闘に参加すべきではないと指摘し、この立場に変更はないとしていた。
関連ニュース
米国、マスク氏の事業の審査を検討 ウクライナに関する発言で
共和党が中間選挙で勝利すればウクライナ支援は困難になる=米大統領
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала