OPEC加盟国は買い手による原油価格設定はあり得ないと考えている=ロシア財務相

© Sputnik / Vladimir Fedorenkoシルアノフ財務大臣
シルアノフ財務大臣 - Sputnik 日本, 1920, 25.10.2022
買い手が原油価格の上限を決めるという試みは、逆効果となる。OPECプラス各国は買い手による価格決定があり得るとは考えていないからだ。ロシアのアントン・シルアノフ財務相が、このような考えを示した。
シルアノフ財務相は「当然、OPEC加盟国はこのようなアプローチはあり得ないと考えており、減産に向かう。こうすることで市場調整は産油国側が握っているということを示すためだ」と語った。
シルアノフ氏は一方で、買い手は原料購入価格の制限を設定する権利はある、と補足したうえで「しかし、そのような制限のもとで原油が供給されなければ、価格上昇により買い手側には逆効果が生じる」と説明した。
OPEC本部 - Sputnik 日本, 1920, 17.08.2022
原油価格高騰は産業への投資不足と関係している=OPEC事務局長  ロシアとの関係は「強固」
主要7カ国(G7)財務相は9月初旬、ロシア産原油の価格上限設定を導入する意向を確認した。それを受けてロシアは、上限を決めた国には原油を供給しないと宣言した。
OPEC(石油輸出国機構)およびその他産油国で構成するOPECプラスは9月5日、日量200万バレルの減産で合意
専門家はスプートニク通信のインタビューに応じ、減産の原因と影響について解説
関連記事
サウジが記録的原油減産に踏み切りロシアへの支持を表明、米大統領は関係見直しを指示
石油産業、2045年までに1680兆円の投資必要 G20エネ相会合、声明はまとまらず
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала