韓国ソウルの将棋倒し:「人々が息絶える中、向かいのクラブでは踊りと自撮りに興ずるー まるで悪夢」

© AFP 2022 / Jung Yeon-Je韓国ソウルの将棋倒しの現場
韓国ソウルの将棋倒しの現場 - Sputnik 日本, 1920, 31.10.2022
韓国首都ソウルの将棋倒しは29日夜、梨泰院で起こった。新型コロナ関連の制限が解除され、久々となるイベントがハロウィンにちなみ数多く開催されていた。今回の事件で少なくとも153人が死亡、37人が大怪我を負った。スプートニク通信は法律専門家と目撃者に話を聞いた。
目撃者の1人、ソロモン・コーさんは次のように語る。

「この通りは下り坂になっていて、この下で転んだ人がいた。その上に人が重なり、後続は先へも進めず、道路にも出られない状態となった。さらに後ろから、遅くならないうちに帰宅しようとする人々で押し合いへし合いとなった」

ソウル在住のカミーラさんは、友人らと会うために梨泰院に来たが、夜9時頃には引き上げたという。

「あの場にいた全ての人を責めようとする人の気持ちが理解できない。誰のせいでもない。これは不幸な事故。あんな人混みではどこかに通り抜けることもできない。自分が歩く目の前には人の背中、それ以外は何も見えないのだから」

韓国のブロガーで写真家のparkwithluvさんはスプートニク通信に対し、将棋倒しで人々がこれほど多くの犠牲者が出るとは思ってもみなかった、と打ち明けた。
「そもそもなぜ死亡事故となったのか。聞いた話ではどこかの施設にアイドルがいたらしく、我を忘れた群衆がその施設に押しかけようとした。酔っ払っていて、訳がわからなかったのだろう。1人が押し潰され、次々とドミノ倒しになった。かなり酔った人もいた。私自身も、多くの人がアスファルトに倒れている様子を見た。薬物によるハイ状態と思った人も少なくないと思う。ただしこれは可能性のひとつだ」
同じくソウル在住のカイラト・エルチムバエフさんは、問題はまさに人々の押し合いにあったという。

「希望者はすべてのクラブにすんなり入場できるわけではないことも理解しなければならない。身分証明書やドレスコードのチェックがあるため、入口に人が密集してしまう。一番驚いたのは、クラブの建物前では意識を失い倒れている人々が続出しているのに、その2階では音楽が鳴り響き、来客が自撮りをしたり、踊る姿だった。死体が転がっているのに、いい気分で揺れてる人々がいる。悪夢を見ているのかと思った」

韓国法務省で教育と学校内暴力を扱う専門官を務めた中国・山東大学のJae Joon Chung教授は、行政と警察はこのようなシナリオを予見できたはずだと語る。

「梨泰院のハロウィン祭りは2015年くらいから実施されているが、特に主催者はいないままだ。主催者がいれば安全に関わるインシデント発生時の最低限の行動計画が作成されていたはず。非常時の連絡態勢を設けたり、予防策をとれたはずだ」

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала