チアリーダーの「邪魔」をしていた警備員が会場を釘付け キレキレのダンスを披露

© 写真 : Screenshot: Twitter / SportsCenter@SportsCenterチアリーダーの「邪魔」をしていた警備員、一緒に踊り出す
チアリーダーの「邪魔」をしていた警備員、一緒に踊り出す - Sputnik 日本, 1920, 03.11.2022
アメリカンフットボールの試合で警備員が見せたチアダンスが、本家チアリーダーからスポットライトを奪い取った。その様子を映した動画は全米で注目を浴び、SNSでも話題を掻っ攫っている。
動画は先月29日、テネシー大学の「UTボランティアーズ」とケンタッキー大学の「ケンタッキー・ワイルドキャッツ」の試合中に撮影されたもの。テネシー大学のチアリーダーがパフォーマンスを披露しているのだが、そこには一人の男性警備員が立っている。
男性はダンススペースすれすれの場所を陣取っており、観客はダンスを邪魔されている状態。そこでチームのコーチが男性に駆け寄り、その場から退かせようとしたところ、男性はチアリーダーと一緒にダンスを踊り始めた。
しかし、ただ踊っただけではない。男性のダンスは現役のチアリーダーと遜色ないキレっぷりで、スタジアム中を大いに沸かせることに成功。動画は瞬く間に話題を呼び、現時点で1330万回以上の再生を記録している。
今回、警備員に扮してダンスを踊ったマイケル・ガリヤンさんは、実は高校時代にチアリーディングをしていた経験者。週刊誌「Newsweek」の取材で語ったところによると、ガリヤンさんは試合の1週間ほど前にテネシー大学の関係者から打診を受け、急遽ダンスの振り付けを覚えたとのこと。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала