世界各国の中央銀行 700トンの記録的量の金を購入

金 - Sputnik 日本, 1920, 03.11.2022
各国の中央銀行が2022年にこれまでに購入した金の合計が、記録的な700トンに上ることが分かった。世界の主要金鉱山会社によって構成される非営利団体「ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)」の報告で明らかになった。
WGCのデータによると、世界各国の中央銀行による金の購入量は、今年1月から9月末までに700トンに上った。これは1404トンだった1967年以来、55年ぶりの記録的な取引量だという。また、そのうちの多くは第3四半期(7~9月)に取引されたとみられており、その量は399トンだった。
グラスベルグ鉱山 - Sputnik 日本, 1920, 18.10.2022
【解説】インドネシアの銅と利益をめぐる争い
国別の動向では、最も多かったのはトルコで、第3四半期だけで31トンを購入し、金準備高を489トンに積み上げた。第2位には26トンを購入したウズベキスタンが続いた。カタールも7月に15トンを買い付けている。また、インドは7月に13トン、9月に4トンを購入して金の準備高を785トンに押し上げている。
モザンビーク(2トン)、フィリピン(2トン)、モンゴル(1トン)も第3四半期に積極的に金の購入を進めている。
一方で、報告では今年の金ETF(地金市場)には投資の流入が減少すると予測されているが、宝飾品需要の回復や安全資産としての需要がこれを相殺するとみられている。
関連ニュース
トヨタのロシア撤退に伴う損失の規模が明らかに
10月の市場介入、「一定の効果あった」=鈴木財務相
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала