ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

露大使が停戦交渉を呼びかけ、「米国によるウクライナ支援がロシアを疲弊させることはない」

© Sputnik / Vladimir Pesnya露大使が停戦交渉を呼びかけ、「米国によるウクライナ支援がロシアを疲弊させることはない」
露大使が停戦交渉を呼びかけ、「米国によるウクライナ支援がロシアを疲弊させることはない」 - Sputnik 日本, 1920, 05.11.2022
米国がウクライナを軍事的に支援したところでロシアを疲弊させることはできない以上、米国は停戦交渉による解決の道を模索する必要がある。ロシアのアナトリー・アントノフ駐米大使がリアノーボスチ通信の取材に応じた中で表明した。
先に米国防総省はウクライナに4億ドル相当の追加軍事支援を発表し、この枠組みで旧ソ連製の戦車T-72を45両供与することを明らかにした。この発表を受け、アントノフ大使は次のようにコメントした。

「米国政府によるウクライナへの追加軍事供与の関連で強調しておきたいことは、我々のいわゆるパートナーらは相変わらず間違った戦略を選択しているということだ。戦場で問題を解決できると考えている。ますます多くの兵士と兵器を浪費し、今やロシアとの国境に部隊を展開し、状況は極めて緊迫している」

米大統領補佐官がウクライナ首都を電撃訪問 - Sputnik 日本, 1920, 05.11.2022
米大統領補佐官がウクライナ首都を電撃訪問
ロシアのセルゲイ・ショイグ国防相によると、NATO(北大西洋条約機構)は2月以降、ロシアとの国境付近に駐留する多国籍部隊を2.5倍に増加させ、兵士の数は3万人にまで膨れ上がったという。
こうした事態を踏まえ、ロシアの相手はウクライナではなく、団結した西側であり、この勢力はロシアの国体破壊を目指しているとアントノフ大使は指摘した。

「我々を疲弊させ、我々から全ての経済的、軍事的資源を奪い取り、ロシアが国際的舞台で西側諸国と対等に対話する可能性を奪う状況を作ろうとしている。米国人が何をしようとも、我々は勝利を手にする。我々に他の出口はなく、我々の事業が正当であることに疑念はない」

オデーサは「争いのリンゴ」、または衝突解決のシンボル=露大統領 - Sputnik 日本, 1920, 28.10.2022
オデーサは「争いのリンゴ」、または衝突解決のシンボル=露大統領
その上でアントノフ大使は戦場で全ての決着をつけることができない以上、停戦交渉に向けた可能性を模索する必要性を西側に提案した。
関連ニュース
米軍は世界最強、直近の数年間に中国は台湾に軍事侵攻しない=米国防次官
G7外相会合 ウクライナの「汚い爆弾」使用準備についてロシアの情報を否定
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала