- Sputnik 日本, 1920
フィギュア特集

フィギュア・ロシアGP第3戦、ワリエワが優勝 演技直後に異例のジャンプ再挑戦も

© Sputnik / Maksim Bogodvid / メディアバンクへ移行カミラ・ワリエワ選手(16)
カミラ・ワリエワ選手(16) - Sputnik 日本, 1920, 07.11.2022
ロシア・タタルスタン共和国カザンで行われたフィギュアスケートのロシア国内大会「ロシア・グランプリ」第3戦は6日、フリースケーティング(FS)の競技が行われ、北京五輪団体金メダリストのカミラ・ワリエワ選手(16)が優勝した。
ワリエワ選手はFSで158.42点を獲得し、ショートプログラム(SP)との合計241.72点で優勝した。2位はヴェロニカ・ヤメトワ選手(15、210.34点)。3位はクセニア・シニツィナ選手(18、207.55点)。
ワリエワ選手は、FSで4回転トウループに挑むも転倒。演技終了直後、ワリエワ選手は「悔しさから」地元ファンの前でさらに2回このジャンプに挑んだ。しかし、残念ながら2回とも転倒してしまった。
滑走後に笑顔を見せるワリエワ選手 - Sputnik 日本, 1920, 06.11.2022
フィギュア特集
やっと「快楽を感じるようになった」=悲運の女王・ワリエワ フィギュア・ロシアGPで首位発進
これについて、ワリエワ選手は「点数を引かれることはないから、やってもいいだろうと思った。ウォームアップで出来たし、モスクワ大会(編集部注:同シリーズ第1戦)よりも自信があった」と記者団に話した。「私は最終滑走だった。もちろん、最終滑走でなければやらなかった。コーチ陣を見て、やってみることにした。」
ワリエワ選手は、FSの演技について「100%ではなかった」と評価。「トウループを跳んでいたら、100%だった。この地で温かい思い出ができたことが一番の収穫です」と締めくくった。
同大会男子ではドミトリー・アリエフ選手(23)が逆転優勝。SP首位のアンドレイ・モザリョフ選手(19)は2位に終わった。また、ペアではエフゲニア・タラソワ/ウラジーミル・モロゾフ組がFSで世界最高得点を叩き出し優勝した。
関連ニュース
GPシリーズ第3戦男子は仏アダム・シャオイムファが制覇、SP首位の山本は惜しくも2位
「ファンの意見は私のプログラムに影響を与えない」  ワリエワ 物議を醸したフリーと五輪後に受けたヘイトについて語る
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала