日本 ロシア「非難」の国連決議に反対する国々に計128億円の無償資金供与

日本 - Sputnik 日本, 1920, 21.11.2022
日本政府は、ウクライナ情勢をめぐりロシアを非難する国連決議に反対した19カ国に対し、128億円の無償の資金供与を決めていたことが明らかになった。NHKが報じた。
NHKの報道によると、財務省の調査では、ロシアへの国連の非難決議などに反対した19か国に対し、2022年度の政府開発援助(ODA)のうち、返済を必要としない無償の資金供与が決定されていたという。
資金供与はラオスに29億円、ベトナムに17億円、イランに16億円などとなっていて、総額は128億円にのぼる。
ロシアのネベンジャ国連大使 - Sputnik 日本, 1920, 15.11.2022
国連総会、ウクライナの損害賠償決議を採択 露代表、西側を強く非難
財務省は「ODAの戦略的活用を図りながら、国際社会の平和と安定に重要な役割を果たし、国としてプレゼンスの向上につなげていく必要がある」と指摘し、これらの支出項目の見直しを求めている。
一方、所管する外務省は、供与の対象には「国際機関経由の支援や、現地のNGO(非政府組織)への支援も含まれている」「外交的意義や人道開発状況など、事業ごとに妥当性を判断しており、直ちに不適当だとは考えていない」としている。
関連ニュース
1月安保理で法の支配討論 外相、力による変更認めず
ロシア国防省、ウクライナの戦争犯罪についてコメント 国連も調査
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала