クロアチアの電気自動車 テスラの最高速度を更新して世界最速に

© 写真 : Tesla Tesla Model S Plaid Plus
 Tesla Model S Plaid Plus - Sputnik 日本, 1920, 21.11.2022
電動ハイパーカーを手がけるクロアチアの自動車メーカー「リマック」は、自社のハイパーカー「リマック・ネヴェーラ」が米テスラ社の電気自動車の速度を超え、史上最速の量産型電気自動車となったことをブログで発表した。
テスラ社の「モデルSプレイド」の最高時速は269キロメートルだが、リマック・ネヴァーラは時速412キロメートルをマークしたという。しかも、同車が打ち立てた世界記録はこれが初めてではない。2021年には402メ ートルを8.582秒で駆け抜けるなど、市販の電気自動車として史上最速の速度を記録した。
リマック・ネヴァーラは210万ドル(約2億9400万円)の2人乗りハイパーカー。一方で、テスラ社のモデルS・プレイドは13万6000ドル(約1900万円)の5人乗りのファミリーカーだ。
リマック社は、このクラスでは世界で最も安全なコースのひとつとされるドイツにある急勾配のテストコース「オートモティブ・テスティング・パーペンブルク」でリマック・ネヴァーラを走行させた。その際には、得られた結果を検証するために、GPSを利用した計測装置「Racelogic V-Box」を使用した。そしてリマック・ネヴァーラはコースをうまく把握し、テスラの最高速度を更新したのだった。
ソニーとホンダの共同記者会見  - Sputnik 日本, 1920, 13.10.2022
IT・科学
ソニーとホンダ 初の共同出資電気自動車を2025年販売開始へ
ただし、リマック・ネヴァーラのカスタムモデルでは今回の記録を叩き出した最高スピードで走行することはできない。走行速度は時速352キロメートルまでと制限されているためだ。リマック社の担当者は、フルパワーを発揮できるのは、リマックのチームがサポートする特別なカスタマーイベントのときだけであり、しかも管理された条件下であると説明している。
スプートニクは以前、ロシアでは国内初の電気自動車の販売が開始されたと報じた。
関連ニュース
開発15年、アプテラの太陽電池EV 米サンディエゴ展示会で紹介
テスラ、2024年に完全自動運転の車を実現へ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала