豪州南部、洪水で非常事態宣言 同国最大のワイン生産地も被害

© Post from Telegram水しぶきをあげながら木々を飲み込む濁流
水しぶきをあげながら木々を飲み込む濁流 - Sputnik 日本, 1920, 22.11.2022
豪州の南オーストラリア州で洪水による非常事態宣言が発令された。豪通信社「AAP」が伝えている。同国最大級のワイン、ブドウ生産地も被害を受けているという。
豪州では先週、ニューサウスウェールズ州(州都・シドニー)やビクトリア州(同・メルボルン)の河川でも大規模な洪水が起こっていた。
南オーストラリア州のピーター・マリナウスカス知事は21日、河川が危険水位まで達したとして、「深刻な非常事態」宣言を発令。
洪水の様子をとらえた映像では、茶色の濁流が水しぶきをあげながら木々を飲み込む様子がみてとれる。
状況の全容は明らかになっていないが、すでに州内のブドウ園「All Saints Estate」「 Pfeiffer Wines」などが水の被害を受けたという。同州は豪州最大級のワイン・ブドウ生産地としても知られている。
地元ワイナリーのファイフェル・ジェーンさんは「もう2週間ほど、ブドウ園に入れていない。今季は一粒も収穫できないという事態を予測している」と肩を落とした。
豪政府は、一連の洪水が収束するのには数か月かかる可能性があるとしている。
関連ニュース
インドネシア・ジャワ島でM5.6の地震 750人以上死傷
砂漠が「湖」に変化=サウジアラビア
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала