世界最大・最強の砕氷船 プーチン大統領 最新型砕氷船の国旗掲揚式と進水式に出席

ロシアのプーチン大統領は、22220型原子力砕氷船「ウラル」の国旗掲揚式と「ヤクーチア」の進水式にオンライン形式で出席した。
ロシアでは2013年から22220型の計画が進められており、合計で5隻の砕氷船が建造される予定。すでに「アルクティカ」と「シビーリ」がロシアの原子力艦隊に加わっており、現在はバルチック造船所で砕氷船「ヤクーチア」と「チュクチ」が建造されている。22220型原子力砕氷船については、2024年に「ヤクーチア」が、2026年に「チュクチ」がそれぞれ就役する予定。
スプートニクは、唯一無二の構造を持つ22220型原子力砕氷船に関するインフォグラフィックを用意しました。ぜひご覧ください。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала