キックオフまでの残り時間を示す公式カウントダウン時計の周りに集まる人々 - Sputnik 日本, 1920, 16.11.2022
FIFAワールドカップ・カタール2022
カタールで11月20日から12月18日まで開催される2022FIFAワールドカップは、今回初めて中東で開催される他、北半球で秋から冬にかけて開催されるのもこれが初となる。

日本戦の敗北は笑うしかない、日本を余りにも軽く見ていた=独代表

© Sputnik / Igor Zarembo / メディアバンクへ移行日本戦の敗北は笑うしかない、日本を余りにも軽く見ていた=独代表
日本戦の敗北は笑うしかない、日本を余りにも軽く見ていた=独代表 - Sputnik 日本, 1920, 24.11.2022
ドイツ代表のトーマス・ミュラー選手(FW)は、サッカーワールドカップで日本代表に敗北を喫したことについて、笑うしかないとコメントした。
ドイツ・サッカー連盟のサイトにはミュラー選手のコメントが掲載されている。
ドイツは1対2で日本に敗北を喫した。この試合についてミュラー選手は次のようにコメントした。
「長い時間にわたって私たちは上手にプレイできていたと感じていた……この試合の結果、負けてしまったことは笑うしかない。ゴールを許したことは、我々のプレーがまずかったことを意味しない。最終的に我々は自分たちが十分、効果的にプレーできなかったことを責めるべきだ。スタート地点での敗北はあってはならないことだった」
クリスティアーノ・ロナウド(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 23.11.2022
サッカー・英マンU、クリスティアーノ・ロナウドの契約解除 チーム指導部批判が原因か
ドイツのイルカイ・ギュンドアン選手(MF)は日本側が決めた2点目のゴールについて、大会史上最も軽やかなゴールだったとコメントした。
「我々は日本人向けの課題をあまりにも軽く見ていた。ゴールは決められたが、これは本当にあっさりとしていた。特に2点目だ。大会史上これほど軽やかに決められたボールがあったかどうか私は知らない。こんなことがあってはならない。我々はワールドカップにいるのだ」
選手はこのようにコメントした。
日本は前半はドイツに先制点を決められ、無得点で終了したものの、後半、堂安律選手と浅野拓磨選手のゴールで逆転した。
日本は4年前のロシア大会でも初戦に勝利している。
関連ニュース
イスラエル「イランがカタールW杯を攻撃検討」と主張 中東諸国の場外乱闘
W杯カタール大会 開幕戦後に日本人サポーターがゴミ拾い
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала