ロシア産ウランの供給、拒否すべき=駐ロシア米大使候補

© Sputnik / Maxim Blinov / メディアバンクへ移行ロシア産ウランの供給、拒否すべき=駐ロシア米大使候補
ロシア産ウランの供給、拒否すべき=駐ロシア米大使候補 - Sputnik 日本, 1920, 01.12.2022
駐露米大使候補のリン・トレイシー氏は、ロシア産ウランの供給に対する依存は「戦略的脆弱性」だとして、大使に就任した際にはその割合を軽減するための努力を行っていくとの意向を示した。
米上院の分科委員会の公聴会で、ロシアからのウラン供給の禁止発動を支持するかと問われたトレイシー氏は、「その発案を絶対的に支持し、この戦略的脆弱性を排除するための方策を模索する」と述べた。
またトレイシー氏は、ロシア産ウランの禁輸は、ロシアからのエネルギー資源供給に対する依存度を下げることを目的とした米国とその同盟国のより広い行動戦略の一部を成すものだとした。
関連ニュース
ロシア産石油価格上限はエネルギー不足を引き起こすおそれがある=露ノバク副首相
EUは制裁を発動せずにウクライナで和平を達成できるはずだ=ハンガリー政府
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала