コンゴ民主共和国で反乱組織が民間人を虐殺、わずか2日で120人以上が犠牲に

© AFP 2023 / Alexis Huguetコンゴ民主共和国で反乱組織が民間人を虐殺、わずか2日で120人以上が犠牲に
コンゴ民主共和国で反乱組織が民間人を虐殺、わずか2日で120人以上が犠牲に - Sputnik 日本, 1920, 02.12.2022
反乱組織「M23」(「3月23日運動」、主にツチ族で構成される武装組織)はコンゴ民主共和国の東部でわずか2日の間に120人以上の民間人を虐殺した。現地で紛争当事国が停戦合意した直後の犯行となった。現地メディアActualiteが地元政府の発表を引用して報じた。
11月30日に西アフリカ・アンゴラの首都ルアンダではミニ・サミットが開催され、コンゴ民主共和国のフェリックス・チセケディ大統領と隣国ルワンダのベンサン・ビルタ外務大臣が出席し、両者はコンゴ東部での停戦を合意していた。その直後、M23の代表者等はこのサミットに参加しておらず、その合意には関係がないと表明していた。
報道によると、民間人の殺戮はコンゴ東部の北キブ州キシシで29日から30日にかけて発生したという。現在、被害状況の特定が進められており、すでに死者数は122人に達している。いずれもM23の戦闘員によって無残に殺害された模様。
アンゴラで開催されたミニサミットのコミュニケによると、M23は11月25日に反乱を起こして以来、不当に占拠している地域からの撤退が義務付けられた。一方、M23はコンゴ政府軍の拠点に対する攻勢を強めており、より多くの領土を制圧しようとしている。
関連ニュース
スペイン企業にウクライナ大使館の爆発事件と同様の封筒
社会学者の宮台さんを切りつけ逃走した男、面識はない模様
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала