イラン 道徳警察を廃止

© Sputnik / Anton Bystrov / メディアバンクへ移行イランの旗
イランの旗 - Sputnik 日本, 1920, 04.12.2022
イラン当局は2カ月以上にわたり国内で抗議デモや暴動が続いたことを受け「道徳(風紀)警察」を廃止した。ISNA通信社の報道をもとにアラビア語国際ニュース衛星放送「アル=アラビーヤ」が伝えている。
モハメド・ジャファール・モンタゼリ検察長官は、「道徳警察は司法制度とは何の共通点ももたない」ため、廃止されたと発表した。今回の決定は2カ月以上にわたり抗議デモが続いたことを受けてなされた。
イランでは9月半ばから、マフサ・アミニさんが道徳警察に拘束され死亡したことを発端に、暴動や集団抗議行動が続いていた。国民はマフサさんの死に対して、当局を非難していた。
スプートニク通信ではこれより前、イランの暴動で少なくとも300人が死亡したことを取り上げた。同国内務省安全保障会議によると、国や社会団体、民間企業などが受けた損失は2億ドル(約268億円)に上るとされている。
関連ニュース
W杯恩赦 イラン、ウェールズ戦勝利で囚人700人以上釈放 抗議参加者も
イラン 抗議デモ参加者さらに1人に死刑判決
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала