トルコ大統領報道官、「ロシアとの橋を燃やしてはならない」 西側に呼びかけ

© AP Photo / Emrah Gurelトルコのイブラヒム・カリン大統領報道官
トルコのイブラヒム・カリン大統領報道官 - Sputnik 日本, 1920, 05.12.2022
トルコのイブラヒム・カリン大統領報道官は、テレビ局「アルジャジーラ」英語版のインタビューに対し、ウクライナ危機により第二次冷戦が始まったとし、西側とロシアは新たな取引をするべきだと語った。
カリン氏は「我々は今、第二次冷戦を目の当たりにしている。それはウクライナ危機から始まったが、対称型戦争、ハイブリッド戦争など多くの型を通して確実に続くだろう」と話した
同氏によれば、新たな冷戦は主要な当事者すべてが集まり、新たな取引の条件が策定されるまで続くだろう。
マクロン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 03.12.2022
「将来の安全保障の枠組み、ロシアの安全の保証も含めるべき」=マクロン仏大統領
カリン氏は、最終的にロシアとの対話を構築する人はいなくなってしまうとし、ロシアとの「橋を燃やしてはならない」と呼びかけた。トルコ側は、ロシア・ウクライナ間の交渉を組織するため、引き続き取り組んでいる。
11月中旬、エルドアン大統領は「米国の率いる西側諸国は、ほとんど際限なしにロシアを攻撃しており、ロシアは抵抗する羽目になっている」と発言した。ロシアのウクライナにおける行動は、NATOの動きに先行したものであり、偶発的なものではないと強調した。
また、エルドアン大統領は、ロシアに対する孤立政策は、欧州諸国に深刻な結果をもたらすだろうと警告した。
関連ニュース
露独首脳が電話会談 ウクライナ支援が原因でキエフは交渉の考えを完全に払いのけている=プーチン大統領
独首相は立場を変え、プーチン大統領との共通言語を見つけることに賛成している=トルコ大統領
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала