ザポロジエ原発 - Sputnik 日本, 1920, 30.08.2022
ザポロジエ原発の安全性を巡る状況
ザポロジエ(ザポリージャ)原子力発電所は、欧州最大の原子炉数と出力を誇る原発で、2022年3月からロシア軍の保護下に入っている。度重なるウクライナ軍による攻撃で原発の安全性に問題が生じたため、9月初旬、IAEA(国際原子力機関)のグロッシ事務局長率いる調査団が査察。調査報告書では、原発の周辺を「安全ゾーン」とする必要性が訴えられているが、その後もウクライナ軍は原発敷地や周辺の町への散発的な攻撃を続けている。10月のザポロジエ州のウクライナからの離脱・ロシア編入に伴い、新運営会社のもとロシア国内の基準に即した運転に移行している。

砲撃の集中するザポロジエ原発

ウクライナ軍は欧州最大規模の「ザポロジエ原発」への砲撃を止めようとしていない。国際原子力機関(IAEA)は原発の周囲に安全圏を設ける必要性を常に主張している。
原発の周辺で最も頻繁に砲弾が炸裂している場所はどこか、火災が発生した場合、放射性廃棄物の保管庫までどれほど近いか、スプートニクはインフォグラフィックで示した。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала