コロナウイルスの「米国支援説」唱えた学者、FBIから迫害受ける

CC BY 2.0 / Andy L / IMG_4155コロナウイルスの「米国支援説」唱えた学者、FBIから迫害受ける
コロナウイルスの「米国支援説」唱えた学者、FBIから迫害受ける - Sputnik 日本, 1920, 07.12.2022
新型コロナウイルスは米国の資金を使って中国の研究所で作られたと主張する学者のアンドリュー・ハフ氏が、迫害を受けたとして米連邦捜査局(FBI)を非難している。新聞「サン」が伝えた。
それによると、ハフ氏はF B Iおよびその他の政府機関の執行の一時差し止めを請求する準備に入ったという。ハフ氏は、以前、非営利団体「エコヘルス・アライアンス」の副所長を務め、極秘情報を扱っていた。
自著「武漢の真実」の中で、ハフ氏は、コロナウイルスによるパンデミックは、米国の資金援助を得て中国でコロナウイルスが作られたことによって引き起こされたものだと主張したが、この情報を暴露することに決めた後、米国はハフ氏に対し、「不法な心理作戦」を開始したと訴えている。
ハフ氏によれば、自宅付近で軍用ドローンを見たり、自宅が荒らされたり、コンピュータや電話が壊されたりしたとのこと。さらには見知らぬ人物が自宅に押し入り、コンピュータ内に保存された写真を削除しようとしたこともあったと明かしている。
関連ニュース
「目にしたものに戦慄した」武漢の研究所で働いていた米国人研究者、新型コロナがどのようにつくられたかを語る
「コロナワクチンは人口削減が目的だ」反コロナワクチン団体「神真都Q会」  静岡県警が本部を家宅捜索
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала