米議会下院、2023年度の国防権限法案を可決

© AP Photo / J. Scott Applewhite米議会下院、2023年度の国防権限法案を可決
米議会下院、2023年度の国防権限法案を可決 - Sputnik 日本, 1920, 09.12.2022
米議会下院は、2023会計年度の国防権限法案を賛成多数で可決した。法案では、国防予算の大枠が8500億ドル(約110兆円)となっている。法案は年内にも上院で可決される見通し。
国防予算は、8473億ドルという記録的な支出を見込んでおり、国防権限法案の規模は昨年の7780億ドルの10%増となった。また法案には、予算外の国防費としてさらに106億ドルを見込んでいることが明記されている。
ウクライナ紛争は2023年に終結する=ゼレンスキー - Sputnik 日本, 1920, 08.12.2022
ウクライナ紛争は2023年に終結する=ゼレンスキー
国防予算は、米国はG20を含む一連の国際組織からロシアを排除することを命題としている。欧州におけるロシアの抑止を目的に60億ドルが計上され、またロシアのエネルギー資源への依存度を軽減する必要があると明記されている。さらに法案には、ロシアとの金および外国為替取引に対する制裁発動に関する発案が盛り込まれているほか、ミサイル防衛システムに関するロシアとの情報交換を禁じている。
このほか、国防権限法案では、台湾への支援に100億ドル、ウクライナへの支援には8億ドルが計上されている。
関連ニュース
ほぼロシア並み  日本は防衛費を大幅増額へ
西側はウクライナ強化のためミンスク合意を利用=露外務省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала