米国防総省 極超音速ミサイルの発射テストに成功

© Lockheed MartinAGM-183 ARRWミサイル
AGM-183 ARRWミサイル - Sputnik 日本, 1920, 13.12.2022
米国防総省は、米空軍が「対空地」型の極超音速ミサイルの完全なプロットタイプの発射に初めて成功したと発表した。
AGM-183 ARRWミサイルは戦略爆撃機B-52Hから発射され、米カリフォルニア州沿岸の太平洋上を飛行中に音速を5倍上回る極超音速の速度を達成した。

「このテストは、ミサイルの完全なプロットタイプの最初の打ち上げとなった。テレメトリーデータから、タスクは全て遂行されたことが確認された」ペンタゴンはこうしたプレスリリースを発表した。

レイセオン社、ノースロップグラマン社 極超音速ミサイルコンセプト (米国) - Sputnik 日本, 1920, 21.11.2022
米海軍「極超音速兵器でロシアに追いつく必要がある」
これまでの打ち上げでは、ロケットの上段の戦術・技術的な性能がテストされている。
関連ニュース
ロシアの軍事専門家 空母を破壊できる国産ミサイルついて語る
特殊軍事作戦で西側の兵器に対抗した経験、国産兵器の改良に生かすべき=プーチン大統領
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала