ロシア、EUの主要ガス供給国に返り咲く可能性

© Sputnik / Alexey Danichevガス、ルーブル
ガス、ルーブル - Sputnik 日本, 1920, 13.12.2022
ブルームバーグのコラムニストによると、ロシアはEU(欧州連合)への主要なガス供給国としての地位を回復する可能性がある。
ブルームバーグによると、先週、オックスフォード大学エネルギー研究所が主催した業界関係者の会合でアンケートが実施された。EUがロシアを再び主要なガス供給国とするかという質問がなされたと指摘している。40%が同意し、40%が異議を唱え、残りは答えに窮したという。
同紙のコラムニストは、次のように指摘した。
「たとえプーチン大統領が政権に留まったとしても、私はこの質問に同意する人たちと同じ意見だ。ウクライナでの戦争後、欧州の指導者らが、以前のようなビジネスには戻らないといくら約束しても、地理的位置と市場という逃れられない現実は、最も決断力のある政治家でさえ打ち負かすことが可能だ」
「ガスプロム」によるガス輸出 - Sputnik 日本, 1920, 12.12.2022
ドイツなどEU諸国、ベルギー経由でロシアからLNGの購入を継続
同氏はまた、この問題はEUのエネルギー市場だけでなく、「カタールからモザンビーク、米国まで」すべての国にとって未来のガス部門への投資にとって重要だと指摘する。
同氏の意見では、欧州は再生可能エネルギーの開発を計画しているため、ウクライナ情勢以前のようなロシアとの長期ガス契約に戻ることはない可能性がある。しかし、EUが化学、重工業、食品産業などいくつかの分野で競争力を維持したいのであれば、ロシア産のガスが必要だ。
関連ニュース
ガス価格の上限設定は価格上昇につながる恐れ=ICE
EU、2023年から2024年の冬に大きな困難に直面するとの予想
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала