日本 自民税調幹部 防衛費増額財源「法人」「たばこ」「復興特別所得」3税示す

自由民主党本部 - Sputnik 日本, 1920, 14.12.2022
日本の自民党税制調査会は14日、幹部会合を開き、防衛費増額の財源をめぐり、具体的な増税案を示した。日テレNEWSが報じた。
幹部会では増税する税目として、法人税、たばこ税、復興特別所得税の3つが示された。
法人税については、納税額に一律に上乗せする付加税を課すとしている。
たばこ税については、国産葉たばこ農家への影響に十分配慮しつつ、予見可能性を確保した上で段階的に実施するとしている。
復興特別所得税については、今の税率を引き下げてその分を新たな付加税として課すとしている。
それぞれ税率や施行時期などの具体的な数字は示されていないが、2027年度に1兆円強の財源を確保する方針を示しているという。
税制調査会は週内にも与党の税制改正大綱をまとめる予定。
日本の岸田文雄首相は13日、防衛費の増額をめぐり「責任ある財源を考えるべきだ。今を生きる国民が自らの責任として、しっかりその重みを背負って対応すべきだ」と述べ、増税を含めた財源確保に理解を求めた。
関連記事
日米防衛協力ガイドライン見直しへ 日本の「反撃能力」保有を踏まえ
松野氏、閣内不一致を否定 高市氏の首相増税方針批判
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала