ドイツ軍 プーマ装甲歩兵戦闘車の故障に警鐘を鳴らす

© AP Photo / Matthias Schraderドイツの兵士
ドイツの兵士 - Sputnik 日本, 1920, 18.12.2022
ドイツ軍の演習で、改良済みのプーマ装甲歩兵戦闘車がすべて故障したことが分かった。独誌「デア・シュピーゲル」が報じている。
報道によると、ルプレヒト・フォン・バトラー少将が、演習に参加した最近改良された同装甲車が8日間で18両すべてが故障し、うち1両は発火したと陸軍監察官に宛てた書簡で報告している。

書簡でバトラー氏は、「当初18両あった戦闘可能な装甲車のうち、演習の最後の8日間で運用可能な装甲車は0両になった」と述べている

故障が最も多かった部分は同戦闘車の電子部品で、そのうちの1台は制御室で深刻なケーブル火災に見舞われたという。
ドイツ軍ではこういった不具合はすでに知られていたものの、これほど頻繁に不具合が発生することは今までなかったとのこと。
F-35【アーカイブ】 - Sputnik 日本, 1920, 15.12.2022
軍近代化に「青信号」 独議会、米製F35戦闘機購入を承認 約100億ユーロ
同氏によると、プーマ装甲歩兵戦闘車の改良化に多額の予算を投じたが、期待に応えられていないという。
関連ニュース
戦争の場合、ドイツは2日分の砲弾しか持っていない=BI
独連邦軍でスキャンダル  新しい制服から「SS」マークを自分で切り取ることに
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала