日銀の国債保有率 初の5割超え

© AP Photo / Shizuo Kambayashi, File日本銀行
日本銀行 - Sputnik 日本, 1920, 19.12.2022
日本銀行が保有する国債(国庫短期証券を除く)の割合が初めて5割を超えた。日本銀行が19日に発表した2022年7〜9月期の資金循環統計(速報)で明らかになった。
その統計によると、9月末時点の国債発行残高は1066兆円。そのうち日銀が保有する国債は536兆円となり、日銀の保有比率は50.26%と統計開始以来、初めて5割を超えた。日本政府の借金である国債の半分を日銀が保有する異例の事態となっている。
日銀の国債保有率が増加したのは、日銀が金利を低く抑える目的で国債を大量に購入する大規模な金融緩和策を続けていることが背景にある。事実上、日銀が政府の資金調達を支えている状況であることから、検証が必要との指摘も出ている。
一方で、個人が保有する預金や株式などの金融資産は9月時点で2005兆円となり、4期連続で2000兆円を超えた。
関連記事
自衛隊施設予算に建設国債を活用 1・6兆円、政府検討
通貨危機迫る3つの国 日本もピンチ?
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала