ウクライナに「パトリオット」供与決定=ブリンケン米国務長官

© AFP 2023 / WOJTEK RADWANSKI 「パトリオット」
「パトリオット」 - Sputnik 日本, 1920, 22.12.2022
米政府は米製対空防衛システム「パトリオット」を含む、18億5000万ドル(約2380億円)規模のウクライナへの追加軍事支援を決定した。米国のアントニー・ブリンケン国務長官が21日、声明を発表し明らかにした。
米国が「パトリオット」をウクライナに供与するのは初めて。ブリンケン国務長官は今回の軍事支援について、「対空防衛や精密攻撃の能力を高めるほか、ウクライナ軍が戦場で使用する重要装備が含まれる」としている。
パトリオット - Sputnik 日本, 1920, 14.12.2022
【視点】ウクライナへの対空防衛ミサイル「パトリオット」供給 専門家「奇跡の兵器とはなりえず」

パトリオット

対空防衛システム「パトリオット」は敵のミサイル、戦闘機迎撃などに使う地対空ミサイル発射装置。「守り」に主眼を置いた装備で、米国としては長射程の攻撃兵器と比べれば供与のハードルが低い。日本の航空自衛隊も対北朝鮮のミサイル防衛を念頭に配備している。
タイプによって射程は異なるが、30~100キロ超の範囲をカバーできるとされる。一方、「パトリオット」は米軍の機密性の高いシステムと連動しており、運用には地上での複雑な操作が必要になるとする分析もあり、一定の「供給しにくさ」も指摘されていた。
関連ニュース
兵器供与ではなく停戦を呼び掛けよ=国連報道官
米軍、ウクライナ兵を毎月500人ずつ訓練開始へ
ウクライナにパトリオットを供与すれば予測不能な結果を引き起こす=在米露大使館
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала