ツイッター 500万人超のユーザー個人情報流出か EUが調査開始

CC0 / Pixabay / ツイッター
ツイッター - Sputnik 日本, 1920, 26.12.2022
EUはアイルランドのデータ保護委員会の提唱により、「ユーザーの個人情報一部」が流出した可能性があるとしてTwitter(ツイッター)社の調査を開始した。ブルームバーグが伝えている。

データ保護委員会は「これらデータは世界中のツイッターユーザー約540万人に関わる個人情報を含んでいる」との声明を出した。

欧州規制当局によると、流出したデータにはユーザー名、それに紐づけられたメールアドレスや電話番号が含まれている可能性があるという。
ブルームバーグによると、データ流出が確定されれば、これはイーロン・マスク氏のCEO就任前に起こっているものの、マスク氏は責任を回避できるわけではない。EU当局が流出の証拠を見つければ、ツイッターは年間売上の最大4%を徴収される可能性がある。
関連ニュース
イーロン・マスク氏、ツイッターの状況を飛行機事故にたとえる
マスク氏、「愚かな」後継者が見つかればツイッターCEO辞任と表明
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала