危険な侵入者 韓国軍は鳥の群れに対してヘリと戦闘機を出撃

CC BY-SA 2.0 / Republic of Korea Armed Forces / ROKИстребитель ВВС Южной Кореи. Архивное фото
Истребитель ВВС Южной Кореи. Архивное фото  - Sputnik 日本, 1920, 27.12.2022
韓国では27日、同国軍が鳥の群れを北朝鮮の無人機と誤認して、空軍の戦闘機とヘリコプターを出撃させる騒ぎがあった。韓国の聯合ニュースが報じている。
前日の26日には、北朝鮮の無人機5機が南北軍事境界線(MDL)を越えて韓国領空に侵入した。そのうち1機はソウルに到達し、他の4機は黄海の江華島周辺を飛行した。韓国軍は約5時間にわたって追跡したものの、撃墜することはできなかった。
韓国軍は27日午後1時頃、江華郡上空で北朝鮮の無人機と推定される物体を発見した。これに対し、韓国軍の軍用機やヘリコプターが出動。午後4時頃まで「物体」を追跡したという
大陸間弾道ミサイル「火星17」の発射作業を行った防衛産業の労働者らと写真を撮る北朝鮮の指導者・金正恩氏と同氏の娘。 - Sputnik 日本, 1920, 23.12.2022
「核保有国としての不可逆的な地位が強化された」北朝鮮、2022年は重要な年となったと発表 
しかし、今回は前日の場合とは違って、韓国側から警告射撃は行われなかった。なぜなら飛んでいたのは無人機ではなく、鳥の群れであることが判明したためだ。
韓国軍が羽毛で覆われた空飛ぶ生き物を無人機と誤認したのは、今回が初めてではない。2019年7月、韓国軍が雁とみられる鳥の群れを無人機と判断し、戦闘機「KF-16」を出撃させた。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала