天皇陛下、皇居で3年ぶりの新年一般参賀 愛子さまも初参加

© AP Photo / Pool / Koji Sasahara天皇・皇后両陛下
天皇・皇后両陛下 - Sputnik 日本, 1920, 02.01.2023
2日、新型コロナウイルスの影響で中止されていた皇居での新年一般参賀が、3年ぶりに開催された。感染防止対策により、事前に行われた抽選に当選した1500人が午前10時過ぎの1回目の参賀に集まった。NHKなど日本の各メディアが報じた。
天皇陛下は、上皇ご夫妻や秋篠宮ご夫妻ら皇族と宮殿のベランダに立ち「この3年近くにわたり、新型コロナウイルス感染症の感染拡大などによって、みなさんには多くのご苦労があったことと思います」と国民の苦労を思いやった。その上で「3年の月日を経て、今日、こうしてみなさんと一緒に新年を祝うことを誠にうれしく思います」と挨拶された
また、天皇陛下は「大変なこともあるかと思いますが、本年が皆さんにとって安らかで良い年となるよう願っています」とし、「年の初めにあたり我が国と世界の人々の幸せを祈ります」と述べられた。
今年は昨年12月に成年を迎えた両陛下の長女・愛子さまも初めて出席された。
今年の新年一般参賀は、感染防止対策により、各回(全6回)約1500人に参加者を絞る事前申込制となり、約9600人が当選した。
関連ニュース
【人物】上皇陛下 お誕生日を迎え89歳に
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала