米国 台湾海峡での軍艦の活動は2018年以降最小に

© Flickr / Official U.S. Navy Imagery アメリカ軍(アーカイブ写真)
アメリカ軍(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 07.01.2023
2022年、台湾海峡を通過した米海軍の第7艦隊の数は9隻に上った。ブルームバーグは9隻という数値は2018年以降で最少と報じている。この他、米国が実施した「自由航行」作戦もわずか4回と、過去6年間で最も少ない回数にとどまった。
ブルームバークはこの数値について、緊張が高まる台湾周辺で中国の船が活動を活発化させている実態とは対照的だと指摘している。これには、11月のG20サミット以降、米中首脳の間の関係が改善する中で、米国が活動を減らしていることも事実である。
台湾周辺の状況は2022年8月初めに当時の米下院議長の台湾訪問が引き金となり、緊張化した。米下院議長の訪台は、台湾を自国領とみなす中国との調整を行わずに実行されたことから、中国は台湾付近で大規模な海軍演習を行い、米国に「強く、強力な対応」をすると強硬な姿勢を示した。
関連記事
G20外相会合でロシアを「孤立」させられたのか?
「こんなことをすべきではない」 中国の習国家主席 会談がマスコミに漏洩したとしてカナダ首相を痛烈に非難
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала