米国メディア バイデン氏の次男、ウクライナのビジネスパートナーに機密情報漏洩

© AP Photoバイデン米大統領の息子、ハンター・バイデン氏
バイデン米大統領の息子、ハンター・バイデン氏 - Sputnik 日本, 1920, 26.01.2023
バイデン米大統領の息子、ハンター・バイデン氏のノートPCから発見されたメール。ウクライナのビジネスパートナーのデヴォン・アーチャー氏に宛てたものだが、このメールには秘密情報源から得られたウクライナ情報を多く含んでいた。25日、FOXニュースのキャスター、タッカー・カールソン氏が、この調査を行ったミランダ・デヴィンNYP(ニューヨーク・ポスト)紙論説員と対談した。
デヴィン論説員はハンター・バイデン氏のノートPCにあった資料を分析。その中にはハンター氏「らしくない」メールがあった。ウクライナのビジネスパートナーであるデヴォン・アーチャー氏に対し、当時のジョー・バイデン副大統領のキエフ(キーウ)訪問1週間前に送ったものだった。
バイデン米大統領 - Sputnik 日本, 1920, 17.01.2023
バイデン氏は機密文書に関する透明な調査を望んでいない=米下院議員
デヴィン論説員はノートPCを分析し、このメールには機密情報が含まれていると判断。メールには「国務省言語で」ウクライナ政治情勢が22点挙げられており、来るべき選挙、対ロシア制裁とEUへの影響、ドンバス情勢の予測などの詳細情報が含まれていた。またメールでは外交略字でロシアを示すRUが使われていた、とFOXニュースキャスターは指摘する。

「ハンター・バイデンはこれが犯罪だと知っていた。彼はビジネスパートナーに使い捨て携帯電話(バーナーフォン)を購入するよう頼んでいた。2人の会話が非公開であることを確認するためだ」

カールソン氏によると、ホワイトハウスからも、ハンター氏からもコメントは得られなかったという。
ハンター・バイデンはジョー・バイデン米大統領の次男で、2014年にウクライナ民間ガス採掘ホールディング「Burisma」の役員に就任。取締役会にはジョン・ケリー元国務長官の義理の息子の友人であるデヴォン・アーチャー氏も加わった。ハンター氏が役員になって間もなく、同社をめぐる汚職疑惑が勃発。バイデン親子のウクライナでの活動の詳細の多くがハンター氏のノートPCから見つかった。それら情報は2020年に公開されている。
関連記事
バイデン氏の息子がコレクションを販売、最高額は日本の浮世絵
マスク氏、バイデン氏の息子に関する不都合な情報を隠蔽した法務担当を解雇
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала