【図説】「プーチン大統領の逮捕状」を出した国際刑事裁判所の締約国

国際刑事裁判所(ICC)は17日、「ウクライナから子供らを含む住民を不法に追放、移住させた」などの疑いで、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領とマリア・リボワ=ベロワ露大統領全権代表(子どもの権利担当)に対し「逮捕状」を出した。
露外務省のマリア・ザハロワ報道官はこれまでに、この「逮捕状」の発布について、法的観点を含めロシアにとっては何の意味も持たないと表明している。
ICCは、所謂「ローマ規程(ICC条約)」に基づいて運営されている。現在、ロシア、中国、インド、イスラエル、イラン、ウクライナ、米国などは未署名・未批准となっており、ICCの管轄権を認めていない。
スプートニクは世界のどの国がICCの締約国(条約に署名するだけでなく、批准など正式な手続きを終えた国)か、インフォグラフィックでまとめた。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала