Танк немецкого производства Леопард-2 - Sputnik 日本, 1920
戦車「レオパルト」他、ウクライナへの武器供与状況
独は1月25日、ウクライナに自国製戦車「レオパルト2」14台を供与し、他国にも同戦車の供与を許可すると決定。ピストリウス独国防相は供与を「3月末まで」に行うと明言した。米国も同日、M1エイブラムス戦車31台のウクライナ供与の意向を表明。独の決定を待っていた英仏、ノルウェー、ポーランドが次々に「レオパルト2」の供与を宣言した。ウクライナは最初の調達で12か国から最多で140台が受領可能と踏んでいる。スプートニクはウクライナへの武器供与状況について、戦場で会する各国の戦車の性能比較をまとめた。

ウクライナ兵、米国の反対により欧州でF16の訓練さえ受けられず=米紙

© AP Photo / South Korea Defense Ministryウクライナ兵、米国の反対により欧州でF16の訓練さえ受けられず=米紙
ウクライナ兵、米国の反対により欧州でF16の訓練さえ受けられず=米紙 - Sputnik 日本, 1920, 18.05.2023
ウクライナのパイロットらは米国がF16の供与を望んでいないことから、欧州が保有する戦闘機で訓練を受けることさえ許されていない。米紙ニューヨーク・タイムズがウクライナ政府高官の発言を引用して報じた。
報道によると米国政府の「懐疑心はあまりに深く」、ウクライナのパイロットらは欧州が保有するF16で訓練を受けることさえ許されていないという。
F16の訓練を受けるには、米国政府の許可が必要となっている。米国政府高官によると、バイデン政権はウクライナに自国の F16を供与する考えはないという。この兵器供与には膨大な資金が必要になるとされている。その他、F16には多数の機密情報が使用されており、米国の同盟国でさえこの技術を第三国と議論する際は許可を得る必要があるとのこと。
F-16 - Sputnik 日本, 1920, 05.05.2023
戦車「レオパルト」他、ウクライナへの武器供与状況
「ロシアの防空システムを打ち破ることはできない」元米空軍パイロットが、ウクライナ上空でのF-16戦闘機の有効性を評価
先にホワイトハウスはウクライナにF16を供与する可能性について、新たな詳細を提供する用意はないと表明していた。
一方、米紙ポリティコによると、米国防総省は他国がF16をウクライナに供与することには反対しないという。国防総省の高官は取材に対し、「我々が反対だとは思わない」と回答した。ただし、消息筋によると、欧州の国々によるF16供与は現時点で決定されていないとのこと。
関連ニュース
ウクライナ 欧米からF-16を最大50機供与されることを望んでいる=メディア
「飛び立つことさえできないだろう」 英国の軍事専門家、ウクライナにおけるF-16運用の困難について語る
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала