ロシア、スマート弾を備えた新たなMLRSを開発中

© Sputnik / Pavel Lisitsyn / メディアバンクへ移行ロシア、スマート弾を備えた新たなMLRSを開発中
ロシア、スマート弾を備えた新たなMLRSを開発中 - Sputnik 日本, 1920, 02.06.2023
サインTwitter
ロシアでは、誘導弾を発射できる機動性を高めた新しい300 ㎜多連装ロケットシステム(MLRS)「サルマ」が開発されている。消息筋がスプートニク通信に明らかにした。
消息筋によると、「サルマ」においては防御力も高められるほか、改良された自動射撃管制および誘導システムも装備される。
有望なMLRS「サルマ」は、トラック「KamAZ」をベースにつくられたMLRS「Kamaの後継プロジェクトとなる。「Kama」は2007年にMLRS「スメルチ」の改良版として発表された。「スメルチ」には12連装ロケット弾発射機が装備されているが、「Kama」には6連装ロケット弾発射機が備えられた。MLRS自走発射機は、道路を走行する際の高い機動性を有している。
ウクライナに供与した『M777』155ミリ牽引式榴弾砲 - Sputnik 日本, 1920, 17.05.2023
西側諸国によるウクライナへの兵器供与
ロシア ウクライナでNATOの「大砲」を積極的に破壊
誘導ロケット弾は現在、MLRS「タルナード-S」で使用されている。口径は同じ300㎜。このような弾薬は、衛星による補正を装備した慣性航法誘導システムを備えており、さまざまな目標を高い精度で攻撃できる。ロシア国防省によると、誘導弾を搭載した「タルナード-S」は特別軍事作戦で積極的に使用されている。
関連ニュース
「かなり独創的なSF兵器だ」米メディアがロシアの滑空爆弾を評価
ウクライナ空軍、ロシア空軍の滑空爆弾について不満をこぼす
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала