Пуск ракеты зенитно-ракетным комплексом Панцирь-С  - Sputnik 日本, 1920
ウクライナのドローンによるロシアへのテロ攻撃
ウクライナは、ロシアの居住地域へのドローン攻撃を繰り返している。主な標的となっているのは国境地帯であるクルスク州、ブリャンスク州、ベルゴロド州とクリミアである。首都モスクワへのドローン攻撃も頻繁に行われている。

クリミア大橋、ウクライナがドローン攻撃=露当局 少女ら家族3人死傷

© 写真 : Eyewitness損傷したクリミア橋
損傷したクリミア橋 - Sputnik 日本, 1920, 17.07.2023
サインTwitter
17日午前3時5分(日本時間同日午前9時5分)ごろ、ウクライナの水上ドローン(無人機)2機がロシア南西部のクリミア半島とクラスノダール地方を結ぶクリミア大橋(ケルチ海峡大橋)を攻撃し、路盤が損傷した。ロシア国家対テロ委員会が発表した。橋を通行していた自動車に乗っていた14歳少女を含む家族3人が死傷した。
露交通省によると、橋の一部で路盤が損傷。一方、橋梁自体は橋脚の上に残っているという。また、露連邦捜査委員会は、テロ攻撃に関与したウクライナ軍や諜報機関の職員の特定を進めている。
これまでにクリミア共和国のセルゲイ・アクショーノフ首長は、クリミア大橋で起きた「非常事態」により橋が通行止めになったと発表していた。
インターネット上では現場の様子を捉えたとされる写真映像が投稿されている。
一方、露南部ベルゴロド州のビャチェスラブ・グラトコフ知事は、「非常事態」によって同州ナンバーの自動車に乗っていた家族3人が死傷したと発表。夫婦が死亡し、14歳の娘も中程度のけがを負った。
また、クリミア共和国議会のウラジーミル・コンスタンティノフ議長は、鉄道橋は損傷を受けず運行を再開したと発表。ケルチ駅を出発したシンフェロポリ発モスクワ行の列車が、すでに橋を通過している。
ウクライナメディアによると、ウクライナ国防省情報局のキリル・ブダノフ局長は、「あの構造物(編注:橋)は不要だ」とコメント。一方、同省の報道官は「非常事態」の理由については言及を避けたという。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала