Истребители ВВС Южной Кореи F15K и ВВС США F-16 на военных учениях  - Sputnik 日本, 1920
ウクライナ上空の制空権をめぐる闘い
ウクライナにおける前線の状況を発展させるための考え得る選択肢を議論する際、航空は主要な話題の一つとなった。ウクライナ上空では現在、ロシアの航空隊が優位に立っている。これはウクライナ軍も認めていることで、Su-35のような高級戦闘機に対抗することは不可能であると指摘している。この傾向に逆らうべく、西側諸国はウクライナの際限のない要求に応じることを決定。備蓄していたF16を提供する前にウクライナのパイロットに緊急訓練を行うことにした。ウクライナのゼレンスキー大統領は、スウェーデンの戦闘機「サーブ39グリペン」にも期待を寄せている。スプートニクは一連の動向をまとめた。

「撃墜されるだけ」 宇に供与のF16はロシアの防空システムに対してあまりにも脆弱=元CIA分析官

© AP Photo / Mindaugas KulbisF16戦闘機
F16戦闘機 - Sputnik 日本, 1920, 04.09.2023
サインTwitter
北大西洋条約機構(NATO)の加盟国がウクライナへの供与を約束したF16戦闘機はロシアの防空システムに対して脆弱であるため、ウクライナ軍の役に立つことはない。米中央情報局(CIA)分析官だったラリー・ジョンソン氏がYouTubeチャンネル「Dialogue works」のインタビューで語った。
ジョンソン氏は、現時点でウクライナにはF16のパイロットさえいないと指摘した。
「ウクライナは、最先端の防空システムの1つに対抗できるふさわしいパイロットを魔法のような方法で見つけることはできないだろう。彼らは撃墜されるだけだ
またジョンソン氏によると、ウクライナのゼレンスキー大統領にはすでに米国の最新鋭の第5世代戦闘機F35でさえロシアの防空網を回避することはできないと警告されているという。
F16戦闘機 - Sputnik 日本, 1920, 28.07.2023
ウクライナ上空の制空権をめぐる闘い
【視点】ウクライナのF16戦闘機の操縦士は事実上、カミカゼ特攻隊になるのか?
ジョンソン氏は、敵の防衛システムの可能性を考慮せずに兵器を開発したことは、NATO加盟国にとって厳しい教訓になるだろうとの確信を示している。
「ロシアの防空システムは西側諸国のいかなるものよりも優れている。そして我われの所謂ステルス技術はすべて、ロシアの防空システムに対して脆弱だ」
先に軍事アナリストは、西側諸国がウクライナにF16戦闘機を供与した場合、ロシアは一夜にしてそれを破壊するだろうという見方を示した。
関連記事
F16受領でウクライナの状況は一層混迷=西側マスコミ
F16戦闘機の弱点をロシアの退役将校が指摘
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала