日本最大の護衛艦「いずも」が 就役

25日、日本の自衛隊の護衛艦「いずも」が就役した。「いずも」は、自衛隊最大の護衛艦で、基準排水量はおよそ1万9500トン。

「いずも」は、最大9隻のヘリコプターを搭載できるほか、同時に5機のヘリコプターが発着できる。

「いずも」には将来的に、ヘリコプターとしても飛行機としても使用できる「オスプレイ」が搭載される可能性もあるという。

日本最大の護衛艦「いずも」が 就役 - Sputnik 日本
日本最大の護衛艦「いずも」就役

「いずも」には、最新の通信および情報処理装備も搭載されており、指揮艦としても使用される見込み。

日本の海上自衛隊は、ヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが」と「いせ」を保有しているが、これらの基準排水量は1万3950トンと、「いずも」よりも若干小さい。日本は現在、いずも型護衛艦をさらにもう1隻建造している。これら4隻の護衛艦は、将来的に日本の海上自衛隊の主力艦艇となる予定。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала