日本サッカー協会、フセイン王子の集票はFIFAへの批判票

© AFP 2022 / FABRICE COFFRINI ブラッターFIFA会長
ブラッターFIFA会長 - Sputnik 日本
FIFA会長選でヨルダンのアリ・ビン・アル・フセイン王子の集めた票はFIFAの組織への批判として投じられたもの。日本サッカー協会の大仁邦弥(だいに・くにや)会長の声明を共同通信が報じた。

プーチン大統領とブラッターFIFA会長 - Sputnik 日本
プーチン大統領:ブラッターFIFA会長の再選を祝う
大仁会長は、FIFA会長選挙は様々な面で世界のサッカーに反映されてきたとし、新会長が世界の、アジア、日本のサッカーにどういう影響を及ぼすかという観点から自分は決定を採ったと語った。またフセイン王子の集票については、主にFIFAへの批判として投じられたものとコメントしている。大仁会長は選挙前に自分はブラッター会長を支持すると語っていた。

田嶋幸三 副会長も、第1回目の投票後、辞退したフセイン王子の行為は正しかったとし、60票の差では勝利のチャンスはなく、第2選ではその差はさらに開いたはずとコメントしている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала