極東での投資ブームを勢いづける東方経済フォーラム

© Flickr / David Levitz極東での投資ブームを勢いづける東方経済フォーラム
極東での投資ブームを勢いづける東方経済フォーラム - Sputnik 日本
第1回東方経済フォーラムの開幕まで、残すところ6週間となった。同フォーラムは、2012年にAPECフォーラムが開かれたウラジオストクで9月3-5日まで開催される。

東方経済フォーラムの主な目的は、単に可能性を議論するだけでなく、投資家にとって最も有利な条件の中で投資を誘致するロシアの意気込みを示すことだ。ロシアのガルシカ極東開発相は記者会見で、フォーラムでは高いレベルの準備過程にあるプロジェクトが紹介されると述べ、次のように語った。

「私たちには提案できるものがあります。私たちは、フォーラムのためにフォーラムを開くのではなく、極東発展のための活動の一部としてフォーラムを開催します。私たちは、現代的かつ質の高い投資を誘致し、新たな雇用を創出し、経済を促進し、新たな税金を取得して、地域の社会分野の発展に寄与するために新たなメカニズムを構築します。アジア太平洋地域の投資家たちは、極東でのプロジェクト実現に関心を持っており、その関心は非常に高いものがあります。私たちはこの関心を、先行発展領域(TOP)や、ウラジオストクの自由港の枠内、またそれらを越えて、現実的な投資に変えることが自分たちの主な課題だと考えています。私たちは、我々のパートナーたちの特質を理解しており、彼らの条件を受け入れ、彼らが理解できる言葉で語る用意があります。私たちの重要な原則は、投資家にとってアクセスしやすいことと、オープンであることです…」

東方経済フォーラムでは、ビジネス代表者の参加者数が1000人に限定される。なぜならフォーラムの組織者たちは、極東での活動に実際に関心を持ち、プロジェクトについて決断を下せるビジネスマンのみが参加することを望んでいるからだ。現在のところ、898人が参加登録されている。ガルシカ氏によると、「毎時、参加者の数は変わっている」という。

東方経済フォーラムへの参加に最初に関心を表したのは、日本のビジネスマンたちだった。フォーラムでは、アジアの参加者たちのために、プロジェクトや投資の可能性が紹介されるほかに、特別に「国」のセッションが行われる。フォーラムの初日には、「ロシア・日本」対話が開かれる。日本は、中国と韓国と並んで、極東の主要3大貿易・投資パートナーだ。極東地域における日本の主なパートナーは、沿海地方とサハリン州だ。フォーラムでは、日本の潜在的な投資家たちに、どのようなものが新たに提案されるのだろか?ガルシカ極東開発相は、次のように語った。

「私たちは日本企業の参加を歓迎しています。私たちは、極東でビジネスを行い、投資するための最大限好適な条件をつくることが、自分たちの課題であることを理解しています。日本のパートナーたちとの協力も、中国やその他の投資家たちと同じ基盤に基づいて行われています。これは、互恵的な原則です。私たちは日本企業に極東で事業を展開することを勧め、日本企業のプロジェクトが実現するために全力を尽くします。私たちの作業は、リスクを軽減し、快適な環境を保障することです。一連の新たな試みが導入されています。特に、TOPの管理局には、TOPの企業の利益を保護するための訴訟を起こす権利が付与され、必要な場合には、管理局が裁判で企業の利益を擁護することができるようになります。次に、先行発展領域では、ロシアあるいは外国企業の活動に関するあらゆる検査が、極東発展省の合意があるのみに実施される可能性があります。このような新たな試みはたくさんあり、東方経済フォーラムでは、これらについて参加者たちに発表されます」

東方経済フォーラムでは、日本と中国のビジネスマンとの個別のセッションの他に、シベリアと極東の発展に関するロシア・韓国委員会の会合も開かれる。また、ロシア・中国・韓国の3カ国プロジェクトについても話し合われる計画だ。

 

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала