国連、アフガン「国境なき医師団」空爆事件の捜査に米国は参加不可、米国は戦争犯罪と見なされる可能性あり

© REUTERS / Medecins Sans Frontieres/Handout via ReutersAfghan (MSF) surgeons work inside a Medecins Sans Frontieres (MSF) hospital after an air strike in the city of Kunduz, Afghanistan in this October 3, 2015
Afghan (MSF) surgeons work inside a Medecins Sans Frontieres (MSF) hospital after an air strike in the city of Kunduz, Afghanistan in this October 3, 2015 - Sputnik 日本
アフガニスタン、クンドゥズでの「国境なき医師団」医療施設空爆事件を捜査するため、国連内に特別委員会が創設される。同委員会にはアフガンの紛争当事国以外の国が入りうる。ザイド・フセイン国連人権高等弁務官はすでに声明を表し、「裁判で空爆が故意のものであると認めた場合、事件は戦争犯罪と見なされる。」

「国境なき医師団」:クンドゥズの悲劇に関する米国の調査は十分に独立したものではない - Sputnik 日本
「国境なき医師団」:クンドゥズの悲劇に関する米国の調査は十分に独立したものではない
ジュネーブでアナン国連アラブ連盟合同特使の報道官を務めるアフマド・ファウジ氏は声明を表し、悲劇的事件の捜査を行なうのは「国際社会の代表らだ」と語った。ファウジ報道官はこの捜査委員会には米国は参加してはならず、その理由を「(米国が加われば)独立したプロセスにはならないから」と述べている。

米軍司令部は、空爆はアフガン軍の要請によるものとして正当化を試みている。アフガン駐留米軍のジョン・ケムプベル司令官は、米国防総省は最初から空爆は直接的な危険にさらされていた米兵を守るという誤った試みであったことを認めていたことを明らかにしている。ところが実際の状況では米軍人らへの直接的な危険性は存在していなかった。

こうした一方で国連の捜査にどういった証拠が提出されるかも、最終的にこの犯罪の責任を誰が負うことになるかも現時点では不明。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала