イスラエルでアラブ人を切りつけたユダヤ人容疑者が拘束

© Fotolia / jinga80イスラエルでアラブ人を切りつけたユダヤ人容疑者が拘束
イスラエルでアラブ人を切りつけたユダヤ人容疑者が拘束 - Sputnik 日本
イスラエル警察は南部の都市ディモナ出身のイスラエル国籍のユダヤ人男性を傷害事件の容疑者として逮捕した。事件が起きたのは9日朝。男性にはアラブ人4人をナイフで傷つけた容疑がかけられている。

捜査官らは襲撃の裏には民族的な反目があったとする説を調べている。事件は、ナイフをもったパレスチナ人数人が、イスラエルのテルアビブ、アフラ、ヨルダン川西岸のユダヤ人入植地キルヤット・アルバで、イスラエル人7人を負傷させた翌日に起こった。

パレスチナ指導者 国連事務総長に国際的擁護を求める - Sputnik 日本
パレスチナ指導者 国連事務総長に国際的擁護を求める
警察は、「逮捕された男は、人種差別的動機で襲撃した疑いが持たれている」と発表した。現在伝えられている情報によると、負傷したアラブ人4人のうち2人は、イスラエルの原子力産業の中心として有名なディモナで働いているパレスチナ人で、残りの2人は、イスラエル国籍を持つアラブ系遊牧民ベドウィンだった。

イスラエルでは、アラブ人の暴力によって今月初めからすでにイスラエル人4人が犠牲となっており、政府は同胞に対して、「自分の手で掟を実行しないように」と何度も呼びかけている。

同時にエルサレムのバルカット市長は、必要な場合にはテロリストたちに反撃を加えるために、ライセンスの所有者全員に対して常時銃を持ち歩くよう訴えた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала