韓国司法、19年前のソウル大学生殺人事件で米国人容疑者に20年の禁固刑

© Fotolia / Kostyantyn Ivanyshen韓国司法、19年前のソウル大学生殺人事件で米国人容疑者に20年の禁固刑
韓国司法、19年前のソウル大学生殺人事件で米国人容疑者に20年の禁固刑 - Sputnik 日本
ソウル地裁は19年前に起きた韓国人大学生の殺害事件で被告の米国人に20年の禁固刑を言い渡した。聯合ニュースが報じた。

手錠 - Sputnik 日本
米国 刑務所から殺人犯2人が脱走
事件は1997年、ソウルで外国人に人気の梨泰院(イテオン)にあるカフェで起きた。被害者のチョ・ジュンピルさんはナイフで数箇所を刺されて死亡。起訴されたアーサー・パターソン被告は容疑を否認しつづけ、殺害したのは当時自分と一緒にいたエドワード・リーという人物だと主張してきた。

1998年、リー容疑者は終身刑の判決を受けたものの、翌年、韓国最高裁は証拠不十分を理由に判決を取り消している。

パターソン容疑者は1999年、取調べ中の身柄であったものの、韓国が出国禁止令の延長を行なえなかった期間を利用し、出国。ロサンジェルスで韓国側の要請によって逮捕された。

パターソン容疑者は2011年に正式に犯罪が確定され、2015年9月に韓国に強制送還されている。

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала