ツタンカーメン廟に秘密の部屋が見つかる

調査の結果、ツタンカーメン王の墓に秘密の部屋が実在することが分かった。エジプト考古省の情報をAP通信が伝えた。

その部屋には有機物質や金属がある模様だという。

日本の学者ら、エジプトのピラミッドの謎の解明に参加 - Sputnik 日本
日本の学者ら、エジプトのピラミッドの謎の解明に参加
イギリスのエジプト学者ニコラス・リーヴス氏によれば、ツタンカーメン廟には、ふさがれ、塗りこめられた通路が、あと2つある。このことは、ツタンカーメン廟がもともと女王ネフェルティティのために建設されたということを物語っている、という。しかしツタンカーメン王が霊廟の完成前に予期せず死亡したため、ネフェルティティ廟を女王の死から10年後に開き、そこにファラオのミイラを埋葬したのだ、とリーヴス氏。

ツタンカーメン廟は1922年、英国の考古学者によって発見された。発見前まで一切盗掘被害にあっていない点で、たちまち有名になった。

墓棺もネフェルティティのミイラもまだ見つかっていない。女王の外見については、有名な胸像をはじめ、多数の彫刻や絵によって推測がなされている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала