日本初の月ゾンド、打ち上げへ

日本初となる月ゾンドの開発に従事する三菱電機が2019年度中の打ち上げ計画を発表。18日、日経新聞が報じた。

Сверкающая звезда класса Вольфа-Райе WR 31a в центре голубого Пузыря - Sputnik 日本
地球にとって銀河での最も危険な現象が明らかに
三菱電機は宇宙航空研究開発機構(JAXA)の開発要請を受け、180億円をかけ、月ゾンドの開発に取り組んでいる。

成功すれば性能、探査の精度では外国のゾンドを上回るものになる。

三菱電機は月ゾンドの成功で宇宙分野では外国のパートナー、発注者のレンジを著しく拡大できると期待している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала