ロシアとASEAN、協力は新たな次元へ

© Sputnik / Sputnik / Host photo agency/ Maksim BlinovロシアとASEAN、協力は新たな次元へ
ロシアとASEAN、協力は新たな次元へ - Sputnik 日本
ソチで20日、記念すべきロシア・ASEANサミットが、ほとんどお祭りのような雰囲気のなかで終了した。肯定的な結果が出たことも、そんな雰囲気に大きく貢献した。

成果は多いが、最大の成果はソチ宣言への署名だ。すでに歴史的との呼び声も高い。2020年までの今後の関係の発展のベクトルと計画を規定するもの。宣言は既に着手済みのプロジェクトだけでなく、モスクワと東南アジア諸国間の協力の有望分野が含まれている。それは、経済、政治、文化、人道関係の全範囲に関係する。プーチン大統領は、交渉では何らの衝突もなく、サミットは当事者の完全な相互理解が支配的だった、と述べた。

ロシア-ASEANサミット - Sputnik 日本
ソチでのASEANサミット参加者:「EUと米国は障壁を築き、ASEANとロシアがそれを破る」
「ASEAN諸国とロシアの貿易は、昨年137億ドルに達した。相互投資の額は110億ドル。これらの数字は、もちろん、私たち諸国のポテンシャルに合致していない。ゆえに我が国のパートナーは、相互の貿易、投資、技術交流を拡大する提案を支持した。二国間ベースでの共同プロジェクトの実施についてはかなりの経験を蓄積してきた。タイ企業は、例えば、ロシア農産工業団地に投資している。ベトナムは石油・ガス生産、シンガポール、ブルネイはイノベーション分野。一方のロシア企業は、インドネシア、ミャンマーで資源採掘、ベトナムで核の平和利用。ラオスでも同様のことを計画している。またマレーシアではハイテク、といった具合だ。我々の力でビジネス関係のさらなる発展にさらに弾みを与えることができると信じている」。会談の最終段階でプーチン大統領が述べた。

現時点でASEAN諸国とロシアとの間には様々な分野で約60の大規模なプロジェクトが予定されている。サミット参加国の指導者は大々的なビジネス契約及び協力協定を持ち帰る。また、将来的にASEANとユーラシア経済連合間の自由貿易圏創設に関する交渉開始、上海協力機構との共同行動、国連、APEC、G20の枠内での協調についても合意が得られた。サミットの参加者によると、相互行動がこのような広い範囲で強化されることにより、諸国の経済的繁栄だけでなく、アジア太平洋地域に信頼性と公開性の高い安保構造が形成される。さらに国際テロや国際犯罪への共同対策、観光業の発展につながるビザ制度簡素化の可能性についても合意が得られた。

ロシアとASEANの対話20周年を記念して2016年はロシア・ASEAN文化交差年として宣言された。その枠内で今年、モスクワで交通担当大臣の初の会合、カンボジアで青年サミット、ウラジオストクで大学フォーラムが開催される。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала