米の残片がマダガスカルの秘密を解く助けに

© Sputnik / Антон Денисов / メディアバンクへ移行マダガスカル
マダガスカル - Sputnik 日本
何千年もの間、マダガスカルは、バオバブの木や奇妙な鳥、そしてキツネザル達だけの楽園だった。初めて人間がこの島に到着したのは、およそ千年前と思われる。オックスフォード大学の学者達は、調査の結果、そうした結論に達した。彼らの研究成果が、雑誌PNASに発表された。

素焼きの器の欠片 - Sputnik 日本
英考古学者 素焼きの器の欠片からペスト蔓延時代の死亡率を推定
学者グループは、マダガスカルの最初の住民が、おそらく南東アジアからここに到着した可能性を裏付ける、初の考古学的証拠を発見した。

例えば、考古学の専門家らは、緑豆やコメの残片を見つけたが、これらは、最初に島に移り住んだ人達が、6千キロもの航海を経て、故郷であるアジア南東部から持ってきたものと推測されている。

こうした発見は、遺伝子研究の過程で得られた結論も確認している。かつて出されたマダガスカルの人々は、マレーシア人と親戚関係にあるという結論だ。島の住民が、南東アジア特有の言葉を話しているという事実も、このことを物語っている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала