各国中央銀行の経済対策の発表待ちで金価格が下落

14日、投資家らが各国の新たな経済対策の発表に向けて準備しているのを受けて、金価格が下落している。これはリスク資産の需要の増加を引き起こしている。

石油 - Sputnik 日本
原油価格、前夜の急落の反動で上昇
ニューヨーク商品取引所(COMEX)では、金先物8月限の価格が3.5ドル(0.26%)値下がりして1トロイオンス=1340.10ドルとなり、銀先物9月限の価格は0.14%安の1オンス=20.39ドルとなった。

投資家たちが最も注目しているのは、イングランド銀行と日本銀行の会合結果。

安倍首相は先に、政府は月内に新たな経済対策を策定するべきだと語った。

なおイングランド銀行について、多くの投資家は、英国のEU離脱決定によってイングランド銀行は2009年3月以来初めて基準金利の引き下げを余儀なくされるとの見方を示している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала