400万円を持ち出そうとした日本人 クナシリ島で拘束

© Sputnik / Vitaliy Belousov / メディアバンクへ移行400万円を持ち出そうとした日本人 クナシリ島で拘束
400万円を持ち出そうとした日本人 クナシリ島で拘束 - Sputnik 日本
情報通信社Sakh.comによれば、8月20日、ユジノクリルスクで、クナシリ島から400万円を持ち出そうとした日本人が拘束された。

安倍首相、プーチン大統領 - Sputnik 日本
クリル問題を解決できるのは火星人しかいない?
税関検査の際、通常、持ち出しが禁止されているものがあったり、多額のルーブルや外国通貨を所持している場合、申告書への書き込み必要だが、今回の場合、男性の持ち物検査の際、タブレット端末のボックスの中から、総額400万円の札束4つが発見された。係員は男性に、このお金がどんなもので、何の目的で持ち出そうとしたのかについて説明を求めたが、彼は返答を拒否した。手元の情報では、おそらく彼は「運び屋」で、ロ日二国間の漁業関係者のために、このお金を運搬するはずだったようだ。なお400万円は税関職員により没収された。

日本人男性の今回の拘束には政治的動機はなく、彼は現在、ユジノクリリスクにおり、取り調べが続けられている。

先に伝えられたところによると、夏休みも終わりに近くなったこの時期にロシアの中でも互いに離れた地域であるヴォルゴグラードと南クリル諸島でほぼ同時に青少年らの国際フォーラムが開催されている

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала