明仁天皇退位後の呼称を検討中

© REUTERS / Kim Kyung-Hoon 明仁天皇退位後の呼称を検討中
明仁天皇退位後の呼称を検討中 - Sputnik 日本
日本政府は、明仁天皇の退位後、どのような身位(身分)として位置づけるかとの問題を検討している。月曜日、共同通信が報じた。

シコタン島 - Sputnik 日本
日本外務省 ロシアと「2島先行返還」も排除せずに交渉する可能性を発表
10月17日、明仁天皇のお気持ちを汲み、生前退位が可能かを検討する有識者会議の初会合が開かれると見られている。これを受け、明仁天皇は退位後、どのような身位、呼称になるかを検討する必要性が出てきた。

有識者会議は月に数回会合を開いていき、議論は来年まで続く可能性があると同通信社は指摘している。有識者会議は報告書をまとめ、その後両議院委員長が与野党の代表の意見を聞いてから、法案プロセスに移る。

先に伝えられたところでは、明仁天皇が皇居内に生息するタヌキについての新たな研究論文「皇居におけるタヌキの果実採取の長期変動」を発表した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала