シリアで3年人質にされていたロシア人旅行者が本国に返還

シリアで3年間、人質状態に置かれていたロシア人旅行者のコンスタンチン・ジュラヴリョフ氏が本国ロシアへ帰された。

語らぬは黙認なり、西側の報道はアレッポの学童らの死を無視 - Sputnik 日本
語らぬは黙認なり、西側の報道はアレッポの学童らの死を無視
ジュラヴリョフ氏は2013年10月、トルコを出発しシリアを抜けてサハラ砂漠へと向かう途中、シリアに入国した時点でシリア政府軍を相手に戦う組織に人質にとられた。

ジュラヴリョフ氏の身柄は組織から組織へと幾度も引き渡されていた。人質の交換交渉も行なわれていたが武装勢力側が一般の旅行者であったジュラヴリョフ氏をスパイと信じ込んでいたためになかなか成立しなかった。

連邦保安庁はジュラヴリョフ氏が送還された経緯については明らかにしていない。

ロシア帰還後、彼はまず最初に自分の母と会った。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала